Speaks Vol.010

スタッフピン

イベントや勤続○周年などで「スタッフだけに配られるピン」が「スタッフピン」と呼ばれ、店頭で発売されることがない、いわゆる非売品のピンです。ですから、入手するためには、スタッフとして働くか、スタッフから直接譲ってもらうか、オークションなどを利用するか、大金を積むか・・・なんか雲行きが怪しくなってきましたが・・・
スタッフピンは、トレードで「たまたま入手した!」くらいがちょうどいいですよ。

HONGKONG

2004 Staff Party
Hippy Girl with Red Guitar (made100)


4Year Staff

TAIPEI

2000 Staff Night
dragon singing into microphone

台北店に行ったとき、サーバーのひとりが「こういうのは興味ない?」って、持ってきたのは黄色い龍のピン。
話を聞いてみると「まだ新人でピンあまり持っていないくて、制服にたくさん海外のピンつけたいからできればこれと何本かを交換して欲しい」ということでした。
そういうことならと、いろいろにあれとかこれとかもどうぞって。

残念ながら台北店はその後閉店してしまいましたが、こういった旅先でのスタッフとのコミュニケーションは素敵な思い出です。

私が海外へ行くときは、必ず何本かトレード用にピンを持って行くようにしていまして、レストランのサーバーに「そのピン素敵ですね。見せてください!」って声をかけてみたり、マーチャンで「ピンを右から左まで全部ください」なんて言えば「ピンコレさんですか?」って逆に声をかけられたり。すかさず「トレード用に何個か持ってきてるんだけど見るだけでも見てみない?」って。そして「ワーォ!」みたいな。

お店には他のお客さんもいます。スタッフはあくまでも「仕事中」ですから、迷惑にならないよう、トレードマナーを守りましょう。
(店舗によってはトレードできる時間帯や場所が決められていたりします。)

続きはまたのちほど。